雨量計や感雨計の様々な特徴について

昨今、ゲリラ豪雨などが増えていて雨量を観測することへの重要性が高まっています。かつての雨量の計測と言えば、人がつきっきりで行う必要があったため、ごく一部の方しか雨量の計測を行うことができませんでした。しかし、雨量計や感雨計の登場でその場にいなくても簡単に計測できるようになっています。雨量を正確に計測できれば土砂崩れなどもある程度推測できるようになり、早めの避難も可能になってきます。もちろん、自治体の出してくれる避難情報なども参考にはなりますが、実際の自分の住んでいる場所の雨量を測るにはそこに機器を設置する必要があります。また、自分で計測できれば情報機関からの発信を待つことなく、対策を立てることができます。雨量が重要となる農作業をしている方にもおすすめです。

電気信号を使わずに機能するのが特徴

雨量計には大きく分けて2つの種類があります。1つは貯水型です。貯水型とはその名の通り、タンクの中に雨を溜めることによって雨量を観測する仕組みです。タンクの中には浮きのようなものが入っています。雨が溜まっていくと浮きが徐々に上がっていき、どのくらいの雨量となっているかが分かる仕組みです。小数点以下の降水量まで正確に測ることができるのが魅力です。電気系統は一切使用していない観測方法なので、何らかの形で電気が断たれてしまった際にも機能します。大きな災害の際には停電になってしまうこともあるため、電気が無くても動くところは貯水型を選択する理由になります。比較的古くからある観測のスタイルですが、その精度や利便性、機能性がいずれも高くよく用いられています。

コンピューターでの遠隔操作が可能な観測機器

もう1つの雨量計の種類は転倒ます型です。転倒ます型は雨が転倒ますに0.5ミリ以上入ることで転倒ますが動いて電気信号を発信します。この電気信号が記録されることで雨量が計測される仕組みです。電気信号を使用しているため、洪水などを原因として停電が発生した場合には機能しなくなるという特徴があります。しかし、転倒ます型にもメリットはあります。それはスペースを広く必要としないところです。加えて遠隔操作ができることも長所です。場所によっては人が立ち入ることの容易でないところもあるので、そんな状況下ではこの形式がマッチします。コンピューターへの自動書き込みが基本となるので難しい操作は不必要となっています。感雨計を選ぶ際にはその特徴を踏まえておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加