降水量を手軽に計測するのに便利な雨量計と計数器

天気予報をはじめ、最近では一般の人の間でも雨量を計測する機器を導入する方が増えています。文字通り、雨の量を計測するために使用される機器ですが、近年では異常気象の影響により、大雨などの被害が出ており、防災に役立てる目的で使用されるケースも多くなっています。 雨が一度に大量に降ってしまうと、河川においては氾濫の危険性が高まったり、都市部においては集中豪雨に見舞われた際に機能がマヒしてしまうリスクも考えられます。そのため、災害を事前に防止したり、ダメージを最低限にとどめるために雨量計が活用されています。 しかし、雨量を計測する機器とは具体的にどのような仕組かよく知らないと言う方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、雨量を計測する機器の特徴についてご紹介します。 一般的には、雨量計は「転倒ます型」と呼ばれているタイプが多くなっています。雨水を貯めこみ、その重さを電気パルスへと変換することによって、雨量を測定できる装置です。雨水は、装置の受水口から漏斗を経て転倒ますに貯められます。 雨水の重量が一定の量に到達すると、転倒ますが倒れるシステムになっており、倒れた瞬間にスイッチが押されて、水が排出されます。スイッチが実際に押された回数を数え、雨量を適切に測定することが可能になります。転倒すると、溜まっていた雨水が捨てられますので、転倒ますは元の状態へと戻ります。 雨が降り続いている間は、この作業が繰り返され、降水量を継続して測定できる仕掛けになっています。また、凍結を防止する不凍液が入るタンクが取り付けられていますので、機器本体の直径より大きめな外観になる特徴があります。一方、電接計数器と呼ばれる機器は、転倒ますが転倒する時のパルス信号を積算できる装置で、雨量を観測する装置の一部です。

電源のない場所での使用に便利な計数器

雨量計は、降水量を計測したい時に便利ですが、転倒ます型を使って測定する場合に、商用電源がない場所に使用したい時もあるでしょう。そんな場合には、自記電接計数器を利用すると便利です。この機器があれば、転倒ます型に接続して、電源がない場所でも使用することが可能になります。 雨量信号を反復して記録できる自記電接計数器は、記録された値から積算降水量および時間的な経過を観測することができます。しかも、利用する際はコンパクトなサイズの計数器の方が、取り扱うのも簡単です。切り替え用のスイッチ付きなので、1日または7日の記録速度を設定できます。 現在、こうした機器は専門の業者のサイトからも注文できるようになっています。雨量を量ってみたい方は、試してみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加