雨量計の選び方におけるポイント

最近では以前よりも大雨などの被害も報告されるようになり、天候の変化について関心を持っている方も多いでしょう。中には、降水量を記録したいと考えている方もいらっしゃるはずです。今では専門店だけではなく、メーカーのサイトからも購入することができるため、降水量を計測したい方が簡単に専門機器を購入できる環境が整っています。 雨の量を計測できる機器の基本的な使い方は、漏斗型になっている受水器を使用して、降水を機器の中へ導き、その分量を計測することによって降水量が分かるという仕組みです。しかし、こうした機器に関しては知識がなく、どのように選べばよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、この機器の選び方を注意点も踏まえてご紹介します。

雨量を計測する機器は2つの種類に大別される

以前から降水量の計測に欠かせない雨量計ですが、どんな観測方法があり、それぞれの方法の原理や利点については知識をお持ちでない方も多いのではないでしょうか。雨量を計測する機器には、大いく分けて「貯水型」および「転倒ます型」に分類できます。 貯水型は、貯水タンクが装置に採用されており、その中に雨水を溜めていきます。貯水タンク内にはフロートがあります。このフロートが水かさによって変動することでペンが動き、記録用紙に雨の量を記録できる仕組みです。 一方、転倒ます型は、装置内に転倒ますが付いています。転倒ます内に水が溜まると、水の重さで転倒ますが動き、電気信号を使って観測ができます。転倒ます型を活用する利点は、遠隔操作ができる点です。 現在では、メーカーのサイトにおいても様々な雨量計が販売されていますので、購入の検討をされている方は利用してみてはいかがでしょうか。

専門メーカーなら機器の品揃えも豊富

雨量を計測する機器は専門店でも購入することが可能ですが、メーカーのサイトでも販売してくれるところもありますので、そうしたサイトを選ぶと簡単に購入できます。ただし、通販サイトは沢山存在します。 数あるサイトから選ぶポイントは、幅広い製品を取り揃えているかどうかという点です。通販サイトには、多くの製品を取り揃えてユーザーの要望に応えてくれるメーカーがあります。こうしたメーカーのサイトを選ぶと、自分の希望に合った製品を購入しやすくなるでしょう。メーカーをしっかりと吟味して購入することによって、後悔せずに機器を購入することができます。 ちなみに、メーカーの中には降雨強度センサーおよび気象検定を取得することが可能な雨量計を取り扱っているところもありますので、種類を豊富に揃えている業者から選ぶと便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加