大きく分けて二つに分かれる雨量計の種類

雨量計は降った雨の量を計測することができる機器ですが、その種類には大きく分けて貯水型と転倒ます型の二つのタイプが存在します。都心部やその近郊などで集中豪雨や台風などでの被害が増えているため、こうした雨量を正確に測定する必要性が生じてきているのは確かです。 また公共的な気象観測を行う上でのニーズが存在しますが、その場合にはこの二つのタイプのいずれかを選択することが可能ですが、検定機関が存在するため、それに合格した機器を用いる必要があります。他にも空から降ってくるものには、雪・雹といった氷の塊も降ってくるため、機器にはヒーターなどで溶かす機能も存在します。 さらに雨の跳ね返り、風などの影響によって正確な測定ができない場合があるため、雨の入り口付近には防風柵を備えておくことで風や跳ね返りなどを防いだりする仕組みになっています。

貯水型タイプの特徴とその仕組みとは

貯水型の雨量計の種類の一つには、貯水型のタイプが存在し基本的には雨量ますという目盛が付いた容器を用いて測定するタイプでオーソドックスなタイプです。さらに雨量ますに貯まる水量を目視によって測定する指示タイプと降水の量によってゼンマイなどの動力を働かせて、自動的にペンなどで記録する仕組みを採用した自記タイプがあります。 その仕組みの欠点は雨量ますを超えると計測が不能となってしまう点、長期にわたる観測などでは雨量ますに入った雨水が蒸発してしまう懸念が生じます。基本的に有人による観測が主流ですが、自記タイプであれば雨量ますに一定量の貯水が行われると自動的に排水する仕組みを有しており、長時間の観測にも対応しているケースもあります。 なお計測を行う場合は降水が人々の生活にも影響を及ぼす可能性もあるため、正確な測定が義務とされています。

転倒ます型タイプの特徴とその仕組みとは

雨量計の種類には、転倒ます型タイプも存在し、それは集められた降雨をそのままシーソーの原理と同じ様に転倒軸で繋がった二つの容器の転倒ますに入る仕組みです。一方のますに雨が入るとその雨水の重みで転倒ますが下がり、今度は集められた降雨は持ち上がったますに入るようになります。 それを一定量ごとに繰り返すことで測定を行う形になるのが転倒ます型タイプの特徴となります。交互の転倒ますの転倒する回数を数えると正確な雨量を測定できるとして普及しています。転倒時にマイクロスイッチやリードスイッチが押されることで計測できる様になっているため、長時間の無人による計測には重宝される存在です。 主に公的機関で取り入れられている仕組みで、集中豪雨で局地的な降雨が観測される場合はその交互の転倒スピードが速くなるという特徴もあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加